京焼・清水焼 山本壹楽(壹楽窯) ヒワ花雲蓋付組湯呑

京焼・清水焼 山本壹楽(壹楽窯) ヒワ花雲蓋付組湯呑

作品詳細 寸法 大直径8.5×高さ11.5cm小直径8×高さ11cm

電子レンジ 可

作品説明 京焼・清水焼の窯元、壹楽窯の蓋付組湯呑(夫婦湯呑)です。こちらの作品は単品でもお買い求めいただけますので、お問合せください(大小サイズあり/金額半額)。こちらは特徴的な黄緑色の絵付けが目を引きますが、これはマヒワという鳥の羽の色に由来するヒワ色になります。日本では主に寒い時期に見られる鳥ですが、寒々しい木々の風景の中に一際目立つ鮮やかなマヒワに古来より日本人は魅了されていたのでしょう。食卓の中にヒワ色のうつわがあると、場が一気に華やぐようです。また、うつわをご覧になると一目瞭然ですが、表面のヒワ色の濃淡が非常に美しく、このような色合いが出せるのは熟練した職人による手描きならではです。流線形のひねりやろくろ筋があるため持ちやすくもあり、来客用としても、贈り物としても一級品です。もちろんご自身で使用されるのも格別です。今では珍しい蓋付の湯呑ですが、温かさを保持し、蓋を開けたときに出る湯気は場をリラックスさせてくれる効果があります。何が入っているのかという期待感も代えがたいものです。もちろん蓋にも裏側にまで職人が手描きしています。京都の伝統を表す素晴らしいうつわで、休息の時間を華麗に彩ってみませんか。

山本壹楽(壹楽窯) 初代壹楽は、清川一陶のもとに25年間修行後、五条坂に築窯以来彫をほどこした上に、祥瑞、花鳥等を染付し力強い作風を追求してる。また、赤絵、五彩色絵等も手がけ、作風の広さを示している。二代目壹楽は、先代のもとで約十年間修行を重ね、平成二年壹楽窯を継承する。磁器を主とし、湯呑や酒器を中心に、 京焼の伝統と機能性の一体化をめざしつづけている。先代の作風を踏襲する、彫の上に重厚な染付をほどこした力強い作風を追求してる。1958年 京都に生まれる1977年 京都市工業試験場陶磁器科修了1980年 京都府立陶工訓練校成形科修了1980年 初代壹楽のもとに修行1990年 初代没後二代目襲名現在に到る

食洗機 不可

ネットショップ全体での類似商品の価格比較

価格動向(京焼・清水焼 山本壹楽(壹楽窯) ヒワ花雲蓋付組湯呑)

熱の傾向(京焼・清水焼 山本壹楽(壹楽窯) ヒワ花雲蓋付組湯呑)

トピックス(食器、グラス、カトラリー)

アクセスランキング(食器、グラス、カトラリー)